基礎知識

MENU

はるかぜ戦隊Vフォース 基礎知識

移動の注意点

移動を行うとキャンセルする事はできません。
移動後に攻撃が届くかチェックして、届かなかった場合のリスクが大きいので、移動前に距離をチェックしておきましょう。

クリティカル

運が高いと、クリティカルが発生する事がたまにあります。
発生した場合は、通常ダメージの1.5倍のダメージを与える事ができます。

宇宙戦

宇宙空間では、雑魚敵は対空扱い、戦艦級は対艦扱いとなっており、対地の武器は使用できません。

 

そのため、宇宙戦では雑魚敵用の対空武器とボス級の対艦武器を装備させておきましょう。

 

更に、敵の耐性も考えてミサイルとビームの2種類があると、どの敵にも対処出来るようになります。
(終盤で4種類装備できるので、対空×2、対艦×2でそれぞれミサイル、ビームという構成も可能になります)

HP回復

地上ユニットは、地上ステージにある基地に配置するとHPと弾数・ENを回復する事ができます。
しかし、飛行している戦闘機などは基地の回復を利用する事ができません。

 

飛行ユニットの回復は、オプションで装備させたリペアユニット、リペアアーム、ウェポンコンテナ、味方戦艦によるオプションの補給装置でのみ回復可能です。
宇宙ステージ内の基地の場合は、飛行ユニットも基地で回復する事が可能です。

 

戦艦の回復は、他の戦艦による補給装置やリペアアームなどでは回復できず、ターン経過による自然回復しかありません。

ビーム武器

ビーム武器は、弾数の表記が弾数6(2)の様に表示されています。
1回の攻撃時にENを2消費し、最大ENが6なので、3回使えるという事を表しています。

 

ビーム武器のみ、1ターン経過につきENが1回復します。
なので、複数のビーム武器を装備してローテーションで使えば、ある程度の連続使用も可能です。

 

その他、基地による補給や戦艦の補給装置、オプションのエネルギータンクなどで回復できます。

オプションの仕様

待機をするまでは、いつでも使用可能です。
1ターンで使用できるのは1種類のみで、同ターン内に複数のオプションを連続して使用する事はできません。

 

使用した回数は、次のステージでまた同オプションを装備した場合、初期値に戻っているので使い切ってOKです。

経験値

何かしらの攻撃を行えば、命中・ミス・ダメージ数に関わらず、必ず10入手可能。
撃墜時にのみ、敵とのLV差に応じて更に経験値が加算されます。

 

経験値100獲得で1LVアップするので、LV差があってもひたすら攻撃を繰り返せば、LVを上げる事ができます。

 

中盤以降、奈月たちが2回攻撃可能になるため、より経験値を稼ぎやすくなります。

 

注意点としては、例えば次のLVまで残り20として、敵を倒して経験値30を入手した場合、強制的にLVアップ後は0からにされてしまうため、この場合は経験値10を損する事になります。

 

最後の1機を倒すと、即クリアになり、獲得経験値の表示がされませんが、実際には加算されているので、大丈夫です。